フォトレタッチの本「Photoshop Retouch」がスゴイ

フォトレタッチの本「Photoshop Retouch」がスゴイグラフィックデザイン
この記事は約4分で読めます。

Photoshop(フォトショップ)を使って写真のレタッチ技術を学びたい方は非常にオススメです。「Photoshop Retouch」2020年3月に発刊。価格は2,500円(税別)。

今回はこの参考書の感想を書いてみたいと思います。
amazonのリンクは↓から

Photoshopレタッチ[伝わる]写真補正&加工を学ぶ現場の教本
Photoshopレタッチ写真補正&加工を学ぶ現場の教本

フォトレタッチの本「Photoshop Retouch」がスゴイ

著者は大谷キミトさんというフリーの広告写真レタッチャーの方です。
写真のレタッチを専門にしている方で、この参考書では実際に仕事で使用している技術が網羅されています。

参考書の最初にフォトレタッチで一番重要なことが書かれていました。
引用させていただきます。

レタッチの目的は見せたいもの・伝えたいことの鮮明化

技術を極めることはもちろん良いことですが、逆に言うと、伝えたいことがきちんと伝わるのであれば、そこまで難しい技術を使わなくても良いということだと思います。
持っている技術を適材適所でうまく選んで使っていくということが大事なんでしょうね。

とは言え、やはりたくさん手札を持っていた方がバリエーションは豊かになります。作品のクオリティ、作成する速度、編集(修正)のしやすさにも関係してきますしね。
そこで、この一冊です。

こんな方におすすめ

写真を取り扱う仕事が多い方

カメラマンはもちろん、写真の取り扱いが仕事のメインになるデザイナーにはめちゃくちゃ重宝するはずです。

Photoshopの技術の知識が古い方

現在、PhotoshopのバージョンはCC(2020)が最新ですが、恥ずかしながら僕のPhotoshopの知識はCS3あたりで止まっています。13年前から時が止まってる…(^◇^;)
新しくなって追加された機能も結構ありますので、僕のように昔の知識で仕事をしている方にもおすすめです。驚きの機能が結構あります。

初心者にはちょっと難易度が高めかも

現場のプロの技術が学べる本書ですが、初心者にはちょっと難易度が高いかも知れません。
ある程度Photoshopを使ったことがあれば、理解しやすい内容だとは思います。
僕自身も実際に操作しながらなんとか理解できた部分ばかり。ですので、もし初心者の方が参考にするのであれば、参考書と同じファイルを使って、同じ操作をやってじっくり覚えていくと良さそうです。
※参考書で取り扱っているPhotoshopのファイルはサイトからダウンロードできます。

仕上がり見本の写真を見ると「すげーー!!俺もこれやってみたい!!」と思うんですが、いざ同じようにやってみると「ひじょーに地味な作業の連続!!」なんですよね。
初心者の方はそのギャップで、とっつきにくくなるかもしれません。

特に参考になった部分を自分で試してみました

個人的には新しく知った知識や機能ばかりでした。
せっかくブログで紹介するので、ビジュアルとして何か紹介したい!
ということで、写真ACの素材を使って参考書を見ながら実際に3つほどレタッチしてみました。

パッチツールで簡単に消去

海辺の女性を削除してみました。
これはパッチツールを使って2分くらいで作成できました。非常に便利!!

以前はスタンプツールで強引に調整していましたが、ここまで綺麗にしかも短時間でできるのは驚きです。

白黒写真をカラーにレタッチ

女性だけカラーにしてみました。所要時間は約20分。

ざっくりと作成していますが違和感なくカラーになっていて自分としては大満足!
写真の色補正などと違って白黒写真をカラーにする作業はかなりアナログというか、絵を描く感覚に似ていますね。

実際、白黒写真をフルカラーにする仕事はほとんどないと思いますが、技術的には他の用途でも使えそうですし応用は効きやすそうです。

レイヤーはこんな感じになっています。新規レイヤーを作って色を重ねていく方法です。

青空を合成

曇り空に青空を合成します。

この青空を合成。
所要時間は10分ほど。
割とありがちな合成ですね。

このレタッチのポイントは、空と草との細かい境界線(選択範囲)をうまく作成できるかどうかです。パスで抜くと時間がかかりますし、うまく切り抜けません。

参考書ではチャンネルで選択範囲を作成する方法が書かれています。
これ凄い!

以上、3つ紹介してみました。


他にも新しく知った機能はたくさんあります。

付箋をたくさん貼っています。

Photoshopのバージョンが変わって操作方法も変わったと思われるやり方も、この本で結構解消されました。

さすがレタッチのプロの本!!

まとめ

個人的にPhotshopの参考書でここまで有益な参考書は今までありませんでした。
この参考書が2,500円(税別)というのは安すぎると思っています。
それくらいに価値の高いノウハウがぎっしり詰まっています。

参考書は購入した物が全て他の人にも勧められるかどうかは難しかったりしますが、この本は自信を持ってお勧めできます。デザイナーの友人がいたら勧めたいですし、会社にこの本一冊あればかなり重宝されるはずです。
amazonのリンクは↓から

Photoshopレタッチ[伝わる]写真補正&加工を学ぶ現場の教本
Photoshopレタッチ写真補正&加工を学ぶ現場の教本

コメント