aiファイル形式のJANコード(バーコード)の作り方

aiファイル形式のJANコード(バーコード)の作り方デザインのこと色々
この記事は約4分で読めます。

aiファイル(イラストレーター)形式でJANコード(バーコード)を作る方法をご紹介します。

サイト上で作成する方法でアプリケーションなども必要ありません。

バーコードの作成はパッケージデザインを作成する時には特によく使っています。
依頼主からJANコードの画像ファイルを頂くこともありますが、JANコードのファイルが無く作成して欲しいということも多いです。

JANコードの作り方に加えて、取り扱いの注意点や印刷用ファイルの作成方法も書いていますので、ご参考にしていただければ嬉しいです。

今回の記事の内容

イラストレーターで使えるJANコードの作成方法を書いた記事です。
JANコードの取扱い方についても書いています。

gaogao
gaogao

過去に200商品以上のパッケージデザインに、この記事の方法でJANコードを作成して使ってきました。特にクレームや問題などは起きていません。

aiファイル形式のJANコード(バーコード)の作り方

JANコードのファイル作成

今回ご紹介するのは「無料バーコード作成ツール」というサイトです。

無料バーコード作成ツール
JAN-13/EAN-13形式のバーコードをPostScriptで作成します。Adobeイラストレーターで扱えるJANコードが必要な方は是非ご利用下さい。

非常にシンプルでわかりやすいサイトです。

サイトを下にスクロールすると下記のような画面があります。
画像の赤い枠の部分に13桁の番号を入れます。
次に下の「バーコードを作成しダウンロード」のボタンをクリック。
これでPSファイルがダウンロードされます。

JANコードをイラストレーターファイルで作成する

PSファイルはイラストレーターで開けます。

そのままaiファイルとして保存して使うことができます。

上記のURLでJANコードが作成できない場合は「https」のsを削除して改めてサイトに入ることで作成できるようになります。
sを削除したURLをコピーして再度新しいウィンドウでペーストして表示したほうが確実です。

JANコードの取り扱いについて

JANコードには推奨サイズがある

JANコードは読み取りができる最小サイズや推奨サイズがあります

下記のサイトに推奨サイズが記載されていますのでご参考ください。

https://www.dsri.jp/jan/procedure.html

最小サイズとしてバーの高さを9mmまで縮小することができます。

イラストレーターファイルの場合はバーの高さの編集もしやすいので便利です。

バーコードが読み取れないとトラブルになりかねませんので、基本は標準サイズで作成した方が無難です。

とは言え、パッケージやラベル自体が小さい場合がありますので、その場合は推奨サイズの80%のサイズにして、さらにバーの高さを9mmまで小さくして対応しています。

JANコード(バーコード)の推奨サイズ

上記のようなサイズになるようです。

JANコードを作成する場面が多いのですが寸法を全く覚えられないので、イラストレーターで上記のような雛形を作成して使っています。

経験的にPSファイルを開いた時のサイズでも問題ないですが、気になる方は標準の推奨サイズにぴったり合わせて作成しても良いと思います。

ボールペンのJANコード(バーコード)は小さい

なお、上の写真は無印良品のボールペンなのですが、JANコードがかなり小さいです。
横19mm、縦6mmしかありません。

つまり、推奨サイズ以下でも読み取れるようです。推奨サイズはかなり余裕を持って設計された数値かも知れません。

あまり参考にしない方が良いとは思いますが、こういうサイズもあるということの参考として…。

印刷会社にJANコードの読み取りチェックをしてもらう

JANコードの読み取りは、読み取る機械がないと本当に読み込めるのか確認ができません。

印刷会社で読み取りチェックをしてもらえますので、依頼いただいたお客様には必ず、JANコードが読み取れるかどうか印刷会社へチェックしてもらうように伝えています。

僕はクラウドソーシングサイト上で仕事をすることが多く、対面での対応ができないので、お客様と印刷会社でやりとりをして頂くようにしています。

JANコードのカラーは黒を推奨

イラストレーターファイルだと簡単に色も変えられて便利ですが、JANコードに関しては基本的には黒を推奨しています。単純に他の色の場合、読み取れない可能性が高くなるためです

色によっては全く読み込めなかったりします。
※確か赤色はセンサーが同じ赤で全く読み込めなかったと思います。

ですので、印刷する色数に制限が無い限りは基本的に黒(K100%)の設定にしておいた方が無難です。
特色1色しか使えずJANコードが入る場合は、予め読み取れる色の確認をしておいた方が良さそうです。

基本はお客様からファイルをいただいた方が安全

JANコードは解像度に問題なければ、なるべくお客様から頂いたファイルをそのまま使うようにしています。
JANコードの番号はコピー&ペーストしますので、滅多なことでは間違えないとは思いますが、ミスの可能性を無くすためです。

あとがき

今まで200以上の商品のパッケージデザインに、今回ご紹介したサイトでバーコードを作成してきました。ただ、読み取りができなかったということは一度もありません。
きちんと印刷会社へ読み取りチェックをいただくようにお客様に伝えていれば、より安心だと思います。

他にもJANコードを作成できるサイトはありますが、画像ファイルだと解像度が足りなかったり編集が難しいですので、僕はいつもaiファイルで作成できる今回ご紹介したサイトを使っています。

ご参考になれば幸いです。