【筆文字ロゴ】イラストレーターを使った判子(ハンコ)の作り方

【筆文字ロゴ】イラストレーターを使った判子のデザイン制作方法イラストレーター
この記事は約4分で読めます。

イラストレーターを使った判子の制作方法をご紹介します。

今回はタイトル画像の判子2つを作っていきます。

今回の記事の内容

筆文字ロゴの引き立て役「判子」の作り方を書いた記事です。

gaogao
gaogao

簡単に作れるのでデザイナー初心者の方にもおすすめです。

筆文字のロゴ以外でも判子はデザインのワンポイントで使えます。

【筆文字ロゴ】イラストレーターを使った判子(ハンコ)の作り方

居酒屋 和楽の判子を作る

まずはタイトル画像左、居酒屋「和楽」の判子を作っていきます。

長方形ツールで枠を作って、中に文字を入れる

長方形ツールで正方形を作ります。色はM(マゼンダ)100%、Y(イエロー)100%にしています。
Kを10〜20%足して少し暗くすることもあります。

和風の判子のデザインを作る

居酒屋のロゴに関連させて様々な料理を提供してくるイメージで、文字は「彩(いろどり)」と入れました。

書体はAdobe Fontsの「貂明朝」(てんみんちょう)を使っています。

筆文字ロゴの判子デザイン

判子の中の文字は「明朝体」「隷書体」「楷書体」をよく使っています。
パソコンに入っている書体は人によって様々だと思いますが、近い書体があれば試してみてください。

もちろん自分で作った書体だとベストだと思います。

ブラシライブラリを使って判子風の質感に

次に、上部メニューの「ウィンドウ」→「ブラシライブラリ」→「アート」→「アート_木炭・鉛筆」を選択します。

ブラシライブラリでハンコの質感を出す

アートブラシのウィンドウが開きました。

イラストレーターのブラシライブラリ

塗りだけだった赤い四角にフチの線を追加します。
スウォッチパネルから操作できます。

筆文字ロゴのハンコデザイン

赤い四角を選択して、アートブラシパネルから「木炭(鉛筆)」をクリック。
他のブラシを選んでもOKです。ひとまず今回はこのブラシにしました。
他のブラシも形状が違うので色々と試してみてください。

ブラシライブラリでハンコのデザイン

これで完成です。

筆文字ロゴの引き立て役、判子のデザインの作り方

にじいろ食堂の判子を作る

次にタイトル画像右、にじいろ食堂の判子を作っていきます。
基本的には和楽と同じ作り方です。

判子の枠を作る

赤い枠を長方形ツールで作成します。

和風ロゴの作り方

選択ツールで角を丸くします。
選択ツールで四角を選択した後に、角にカーソルを近づけると下の画像の赤い枠の中のような「丸」が表示されます。この丸をドラッグすることで角を丸くできます。

筆文字ロゴの作り方

ワープで変化をつけた四角に形状変化

上のメニューから「効果」→「ワープ」→「絞り込み」をクリックします。

イラストレーターのワープ、絞り込み

今回はカーブの値を15%にしました。
四角のサイズや縦横比で違ってきますので随時調整します。

イラレでハンコのデザイン

先ほどと同じく、ブラシライブラリから「鉛筆(細)」をクリックしてハンコ風の質感にします。

ブラシライブラリ、アート木炭・鉛筆でハンコのデザイン

線幅を少し太くして調整しました。

和風ロゴのハンコを作る

判子の文字を入れていきます。

今回は「和食」と入れて、書体はAdobe Fontsの「DNP 秀英民長 Pr6N」にしました。

自分のパソコンにある明朝系の書体でOKです。

落款デザインの作り方

判子のサイズや位置を調整して完成です。

はんこのデザイン作り方

判子の中の文字について

判子の中の文字はロゴのジャンルに合わせて作っています。

デザインを依頼いただいた方から「こうして欲しい」という要望がある場合はその文字を入れますが、特に要望がない場合はこちらで考えて提案しています。

汎用性の高い文字

汎用性が高く使い勝手が良いのは「旨」「彩」「鮮」「匠」「旬」「和」。
このあたりは無難に使いやすいと思います。

商品であれば「謹製」という文字もよく使っています。

他にも

  • 店名をひらがなにして判子に
  • ワンポイントのシンプルなイラストを判子に
  • 「牛」「魚」「麺」などお店や会社で取り扱う素材の文字を入れる

などなど。

判子の文字と形状いろいろ

これまで書いたことを踏まえて、複数の判子を作ってみました。

ブラシライブラリで判子の質感を表現して、あとは四角や丸の形状を選択ツールで角を丸くしたり四角や丸を合体して判子の枠を作っています。

さいごに

以上、イラストレーターを使った判子の作り方をご紹介しました。

今回の方法はもっとこだわって作りたいという方には不向きですが、簡単に作れるので初心者向にはおすすめだと思います。僕は割とよく使っています。

筆文字のロゴを色々と観察していると、本当にさまざまな判子のデザインがあります。
改めて奥が深いと感じます。

判子の作り方は「その2」も記事にしておりますので、チェックしてもらえると嬉しいです。

筆文字に関してはその他にも関連した記事がいくつかあります↓