Adobe Fonts(アドビフォント)は実用的なフォントが多い

Adobe-Fontsは実用的なフォントが多いデザイン
この記事は約4分で読めます。

現在、僕が有料で契約しているフォントメーカーはモリサワフォントとAdobe Fontsです。
このフォントセットはインストールも簡単ですし、和文・英文フォント共に実用的なフォントが多いです。他にも良い部分がありますので、ご紹介したいと思います。

Adobe Fonts(アドビフォント)は実用的なフォントが多い

デザインの仕事をしている方はほとんどの場合、Adobeのイラストレーターやフォトショップを使っていると思います。
現在はオンライン上で管理する「Adobe Creative Cloud」と言うサービスを月額課金することでイラストレーターやフォトショップが使えます。
この「Adobe Creative Cloud」の中になんと!フォントセットが使えるサービスが入っています。知らない方は絶対使って欲しいサービスです。

ちなみに、フリーになった当初はパッケージで購入していたCS5を使っていましたが、当時使っていたパソコンが壊れて、新しいiMacにした際に思い切って「Adobe Creative Cloud」を契約しました。(と言うよりは、新しいパソコンだとCS5が使えなかった記憶があります…。どうだったかな)
Adobe Creative Cloudは年間契約で月額6,200円くらいします。
あまり収入がない時期にこの価格は結構きついですが、価格以上の価値があると思います。
Webデザインならドリームウィーバー、最近よく耳にするXD、動画編集できるプレミアプロ、アフターエフェクト、3Dのディメンションなどなど、イラストレーターやフォトショップ以外にも全てのアプリケーションが使えます。

前置きが長くなりましたが、本題の「Adobe Creative Cloud」で使えるサービスの一つAdobe Fontsについて書いていきます。

登録されているフォントが多い

正確な数字はわかりませんが、ざっと見ても英語と日本語のフォントが2000セットほどあります。Webにしか使えないWebフォントもありますのでその点はご注意ください。

Adobe-Fontsは実用的-1

昨年から名前が「Adobe Typekit」から「Adobe Fonts」に変わったようです。

日本語フォントも実用的なフォントが多数

日本語のフォントも100セットほどあります。モリサワフォントのフォントもあります。これは結構すごいですね。
汎用性の高いフォントも割とありますので、まだあまり稼げなくて他の有料フォントを買う余裕が無くても、Adobe Fontsのフォントだけでも当面は問題ないレベルだと思います。

Adobe-Fontsは実用的-2

モリサワフォントの定番フォント「リュウミン」や「新ゴ」もあります。あまり良くはないかもしれませんが、僕の場合はほとんどこの2書体でデザインすることも多いです。それくらい汎用性が高く美しいフォントです。

文字の雰囲気もパッとみてわかる

Adobe-Fontsは実用的-3

上記画面の赤色枠内に任意の文字を打ち込むと、下に表示されているフォントも全てその文字に変換されます。
実際に使う文章を打ち込むことで、パッと見てフォントの形状がわかるのは嬉しいです。
特に英文フォントは様々な形状のフォントがあって、見ているだけでも楽しいです。これだけの数のフォントが使えるのは贅沢ですね。

フォントのインストールも楽

Adobe-Fontsは実用的-4

ダウンロードしたいフォントを選ぶと上記のようなページになります。
アクティベートという部分をアクティブ(クリック)にするだけでOKです。
イラストレータやフォトショップの再起動も必要ありません。そのままアプリケーションを起動したままインストールできます。

Adobe-Fontsは実用的-5

Adobe FontsのフォントはAdobe Creative Cloud上で全て管理されます。
自動で更新されて上記のような画面になり、すぐに使えるようになります。

ロゴデザインの商標登録もOK

個人的にはこの部分が一番ありがたいです。
Adobe Fontsに登録されているフォントは商標登録に使えます。

Adobe-Fontsは実用的-6

サイトのフォントライセンスのページに上記のように記載されていますので、気になる方はご確認いただければと思います。
商標登録予定のロゴを作成する場合は、メインのロゴはなるべく自分で作成するようにしていますが、サブのコピーも含めたデザインの場合は、サブのコピーのフォントはAdobe Fontsを使っています。

商標登録可能なフォントはかなり限られていますので非常に貴重だと思います。

まとめ

この記事を書く為に、久しぶりにAdobe Fontsのページを見たのですが、新しいフォントが多数登録されていました。使いやすい日本語フォントも増えていきてる傾向です。
英字フォントも使いやすいフォントが揃っていますし、年々登録フォントも増えています。

Adobe Creative Cloudを契約している方で、知らない方はぜひ使ってみてください。
非常に良いサービスです!

コメント