当ページのリンクには広告が含まれています。

Adobe Firefly(ファイアフライ)生成クレジットとは?

Adobe Firefly(ファイアフライ)生成クレジットとは?。AI生成クレジットについて。残り回数について。AI生成
この記事は約3分で読めます。

「Adobe Firefly(ファイアフライ)の生成クレジットって何?」という疑問が僕自身あったので、Fireflyの生成クレジットとは何かについてと「料金プラン」「生成クレジット制限開始日」「生成クレジットの残り回数」を調べてみました。

これからAdobe Firefly(ファイアフライ)を使ってAI生成をやってみようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

gaogao
gaogao

まだ未決定の部分もありますので、この記事を書いている段階での情報になります。変更があれば随時更新する予定です。

スポンサーリンク

Adobe Firefly(ファイアフライ)の生成クレジットとは?

Adobe Firefly(ファイアフライ)では無料プラン・有料プラン問わず、AI生成する度に生成クレジットが消費されます。

具体的に生成クレジットが消費される行動についてはAdobeの公式サイトで記載されています。

Adobe Firefly(ファイアフライ)の生成クレジット消費について

通常は1回のAI生成で4枚のAI画像を生成しますが、4枚生成しても消費は1クレジットになるようです。

詳細はAdobeのサイトに記載されていますので確認してみてください↓

Adobe Firefly を利用した生成 AI による新しい作成方法
アドビアプリ内の新しい Adobe Firefly 生成 AI テクノロジーに触れ、試行錯誤し、夢を描き、素晴らしい作品を生み出しましょう。

Adobe Firefly(ファイアフライ)は無料で使える

Adobe Firefly(ファイアフライ)は無料でも使用できます。

Adobe Firefly(ファイアフライ)は無料で使用ができます。

無料会員の方は一ヶ月に25生成クレジットを使えます。

利用にあたってはAdobeのアカウントを作成が必要です。下記サイトのトップ画面右上からAdobe IDを登録できます。

Adobe Firefly

Adobe Firefly(ファイアフライ)の有料プランについて

生成クレジットの制限数は有料プラン毎に違います

有料プランを契約している方は、プランによって一ヶ月に使用できる生成クレジットの数制限が設定されています

Adobe Firefly(ファイアフライ)の有料プランの種類によって、AIの生成クレジット数が違います。

それぞれのプランで使用できるクレジット数などは下記サイトで記載されていますので、チェックしてみてください。コンプリートプランの場合は1000回まで生成クレジットが使えるようです↓

生成クレジットに関するよくある質問
生成クレジットについて、アカウントに含まれているクレジットの数、およびその使用方法について説明します。

2023年内は有料プランは生成クレジット制限無し

有料プランを契約している方は、2023年内であれば無制限で使用できるとのこと

開始時期は未定ということです。今なら無制限なのでこのタイミングで試してみるのも良さそうですね。

Firefly(ファイアフライ)の生成クレジットの残り回数について

現在は上記の通り、生成クレジット制限が開始されておらず、有料プランの方はクレジット制限を超えても生成することが可能です。

生成クレジット制限の開始とともに、クレジットの残り回数などの表示や、制限を超えた際の追加プランなども実装されるのではと予想しています。

ですので、今の所は有料プランの方に関してはクレジットの制限回数を気にしなくても大丈夫です。

まとめ

以上、Adobe Firefly(ファイアフライ)のAI生成クレジットについて、プランによる生成クレジットの数の制限について書きました。

この記事を書いている段階の情報になりますので、また変更があれば記事を更新する予定です。