イラストレーター

イラストレーター

イラストレーターの「ワープツール」で文字をトロッと溶かす方法

イラストレーターの「ワープツール」を使って、「血がしたたるようなスプラッター風の文字」と「チーズがとろけるような文字」の2つを作ってみました。とろけるような文字加工をしたい方はぜひチェックしてみてください。
AI生成

イラストレーターのAI機能でイラストを生成、ラベルデザインを作る

AdobeイラストレーターのAI機能を使ってワンポイントのイラストやパターンイラストを生成する方法をご紹介します。最終的にはそのイラスト使って商品のラベルデザインをしました。AI生成された水彩風のイラストは想像以上に良い出来です。
イラストレーター

近年の雑誌を参考にタイトルのあしらい、デザインを学ぶ

時々ですがいろいろな雑誌を読んでデザインの参考にしています。今回は気になったタイトルのあしらい、デザインをご紹介します。デザインを参考にしつつ自分で作り直したものです。
イラストレーター

イラストレーターの「ラフ」「パスのオフセット」で文字を手書き風に

Adobe Illustrator(イラストレーター)を使ってフォントを手書き風にする方法のご紹介です。イラストレーターの効果「ラフ」と「パスのオフセット」を使った方法です。和風のデザインに。ロゴやチラシなどの広告で使いやすいです。
イラストレーター

【イラストレーター】Adobe Fontsで手書き風の文字を作る

Adobe Illustrator イラストレーターを使って簡易的な手書き風の文字を作る方法をご紹介します。Adobe Fontsの手書き風のフォント+シアーツールのコンボで、より手書き感が増します。ロゴ以外にも様々な場面で使いやすいです。
イラストレーター

【イラストレーター】パスのオフセットが便利!よく使う方法をご紹介

Adobe Illustrator(イラストレーター)で個人的によく使う機能「パスのオフセット」。パッケージ(ラベル・シール)のデザインや、手書きのロゴデザインを制作する際にオフセット機能をよく使っています。便利な使い方を3つご紹介します。
イラストレーター

【イラストレーター】配色に悩んだら「カラーガイド」で再配色が便利

今回はAdobe Illustrator(イラストレーター)を使って感覚的に配色を変更する方法をご紹介します。「カラーガイド」の再配色を使って全体的にバランス良い配色を複数提示してくれます。また、配色の参考書でよかった本もご紹介しています。
イラストレーター

【イラストレーター】四角形の角を丸くする、角の形状を変える方法

Adobe Illustrator イラストレーターを使って四角形(他の多角形を含む)の角を丸くしたり、角の形状を変える方法をご紹介します。角の丸みを数値入力できたり、角丸以外に2種類の形状の変化ができます。
イラストレーター

イラストレーターファイルを編集可能なフォトショップファイルにする

Adobe Illustrator(イラストレータ)で作ったデザインを文字情報やレイヤーを残したまま、フォトショップファイル(psdファイル)に書き出す方法をご紹介します。書き出す際にちょっとした設定をするだけでできるので簡単で便利です。