筆文字ロゴを作る際のちょっとしたアレンジ【その2】

筆文字ロゴを作る際のちょっとしたアレンジ【その2】イラストレーター
この記事は約4分で読めます。

今回は筆文字の微調整やアレンジをする際に役立つ方法を発見したのでご紹介します。
前回投稿したアレンジ方法の第2弾です。

イラストレーターの、

  • パスのオフセット
  • パペットワープツール

この2つの機能を使って筆文字を編集・アレンジしたいと思います。

今回の記事の内容

イラストレーターの「パスのオフセット」と「パペットワープツール」を使った、筆文字(ロゴ)のアレンジ方法を書いた記事です。

gaogao
gaogao

筆文字のロゴ以外でも、通常の文字ツールで作成したフォントにも使えるので、汎用性が高い機能だと思います。

筆文字ロゴを作る際のちょっとしたアレンジ【その2】

パスのオフセット

イラストレーターの「パスのオフセット」は文字を細くしたり、太くすることができます。

アピアランスで管理できるので、アピアランス内の「パスのオフセット」を削除すれば元の形状に戻せます。編集がしやすく便利です。

イラストレーターのパスのオフセットを使って文字のアレンジをする

今回はこの筆文字に「パスのオフセット」を使って、文字をひと回り細くしようと思います。

イラストレーターのパスのオフセットを使って筆文字を細くする

細くする文字を選択ツールで選択して、上部メニューの「効果」→「パス」→「パスのオフセット」をクリック。

イラストレーターのパスのオフセット効果で文字をアレンジする

「パスのオフセット」パネルが出ます。

今回はオフセットの値を-0.4、角の形状はマイター、角の比率を4に設定しました。

オフセットの値は文字のサイズや形状によって効果が少し変わってくるので、随時微調整しています。

筆文字のアレンジ方法

横の文字もパスのオフセットをして細くしています。

筆文字のアレンジ方法。イラストレーターを使って。

右側の文字が元の太さです。
個人的には一文字だけ太くなってしまった時に細くして使うことが多いです。

イラストレーターのパスのオフセットで文字を一回り細くする。

筆文字以外の通常の文字ツールで打ち込んだフォントにも使えます。

明朝体の文字をパスのオフセットで細くすることで、筆だまりがあるようなフォントにアレンジできます。

フォントを選びますがこういう表現も可能です。

パスのオフセットのそれぞれの設定について

パスのオフセットでは「オフセット」「角の形状」「角の比率」この3つを調整できます。

オフセット

今回は文字を細くしましたが、数値をマイナスではなくプラスにすると太くすることも可能です。

角の形状

イラストレーターのパスのオフセット角の形状について

角の形状は「マイター」「ラウンド」「ベベル」と3つあります。
今回の文字では変化がわかりづらいですね。

いろいろな文字の形状で試してみましたが、マイターを基準とするとラウンドは角が丸くなり、ベベルは角がギザギザになります。

角の比率

角の比率は初期設定では「4」になっています。
数値を極端に変えて試してみましたが変化がありませんでした。
僕自身も今のところ謎です。

余談

前回の記事では、フォトショップの選択範囲の拡大・縮小を使って文字を細くしたり太くするアレンジ方法をご紹介していました↓

ですが、今回ご紹介したイラストレーターの「パスのオフセット」の方が圧倒的に使いやすいようです。

ごめんなさい^^;

ただ、選択範囲の拡大縮小はフォトショップの機能としては使い所が多い(写真の編集など)ので、知っておいて損はないと思います。

パペットワープツール

次はイラストレーターのパペットワープツールを使ったアレンジ方法を書きます。

文字の形状を変化させることができるツールです。

筆文字をイラストレーターのパペットワープツールで編集する。

今回はこの筆文字を使います。

イラストレーターのパペットワープツールが便利

「り」という文字の払いの部分がなめらかではないので気になっていました。

筆文字の場合は一発で文字を書いているので修正がなかなか難しいのですが、パペットワープツールがあれば微調整することができます。

イラストレーターのパペットワープツールの場所

ツールパネル一番下に「…」のアイコンがあります。(上の画面左下)

ここをクリックするとツールパネルが展開されます。

この中にピンのようなアイコンがあります。これがパペットワープツールです。

文字の調整ができるパペットワープツール

変形する文字を選択ツールで選択してからパペットワープツールを使います。

上の画像のようにポリゴンのような形状の線が表示されます。

パペットワープツールでロゴのアレンジ

クリックするとピンの点が増えていきます。

筆文字ロゴをイラストレーターで微調整する

点の部分をドラッグすることで文字の形状を変化させることができます。

筆文字をパペットワープツールで微調整する。

修正しました。

「り」の払いの曲線がなめらかになりました。

フォントの形状をアレンジできる

文字ツールで作成したフォントにも使えます。

文字を選択して「アウトラインを作成」でフォントをアウトライン化します。

パペットワープツールの使い方

「れ」の文字の払いの部分を伸ばしてみました。

こんな感じで自由に文字の形状を変更することができます。

パペットワープツールは可動させるピンをたくさん作れば、かなり細かい調整まで可能です。
これはめちゃくちゃ便利!

さいごに

今回はイラストレーターの機能「パスのオフセット」と「パペットワープツール」を使って、筆文字のアレンジ方法をご紹介しました。

どちらもロゴデザインの修正・調整に非常に役立ちます。

ロゴデザインや文字のタイトル制作の際に試してみてください。