【印刷/カラーチップ/DIC】特色について

【印刷/カラーチップ/DIC】特色についてグラフィックデザイン
この記事は約5分で読めます。

今回は印刷用のデザインで時々使う「特色」について書きます。
特色はパッケージデザインで使うことが多いです。
ひと昔前は、チラシでもよく特色1色・2色印刷をすることが多かったのですが(印刷費が安くなるので)、オンデマンド印刷が普及して最近はそこまで見かけないように感じます。

今回の記事では、一般的なフルカラーの印刷と特色の印刷の違いやDICなどのカラーチップについて書きます。

【印刷/カラーチップ/DIC】特色について

イラストレーターでは、色を特色設定に変更することができます。

なお、特色設定にしたまま入稿ファイルを作成すると印刷会社に入稿するファイルとしてはNGなので、必ず特色設定した色はCMYKに分解するようにしてください。CMYKに分解した上で、特色の色味についてはカラーチップをお客様もしくは印刷会社へお渡しする形になります。

イラストレーターで特色パレットを表示する

特色の一つDICカラーガイドのパネルを表示させてみます。

イラストレーターでDICカラーガイドの色に設定する

イラストレーターの上部のメニューバーから
「ウインドウ」→「スウォッチライブラリ」→「カラーブック」→「DICカラーガイド」を選択。

イラストレーターでDICカラーガイドの色に設定する

DICカラーがズラッとカラーパネルで表示されます。
DICのカラーチップの番号とパネルの色番号は連動しています。

イラストレーターでDICカラーガイドの色に設定する

3色ほど適当に色を設定してみました。
せっかくですので、実際のDICのカラーチップと見比べてみたいと思います。

DICカラーガイド

これが実際のDICのカラーチップです。

DICカラーガイド

こんな感じでたくさんのカラーチップが束になっています。

DICカラーガイド
DICカラーガイド
DICカラーガイド
DICカラーガイド

先ほどイラストレーターで作った3色と、実際のカラーチップを見比べてみると、ほぼ似たような色になっています。
厳密に言うと、ちょっと違いがありますが、大体似たような色をカラーパレットから選ぶことができます。

フルカラーと特色の違い

CMYKと特色の印刷の違い

印刷された物をルーペなどで拡大して見ると、上記の左側のようにシアン・マゼンダ・イエロー・ブラックの4色で色が構成されていることがわかります。(適当に作ってますので大まかなイメージとして見ていただければありがたいです)

特色で印刷された物を見ると、右側のように特色1色だけの円形が並んでいます。
特色は色ブレが少なく、色をあざやかに出せる点が魅力です。
CMYKは4つの色を混ぜて色を表現しますが、特色の場合は1色だけを使って表現するので、特色はほぼ色ブレがありません。

特色印刷のメリット

特色はどう言った場合に使うのか?と言う疑問もあると思います。
特にパッケージデザインで特色を使うことが多いのですが、それは下記のような理由からです。

  • 印刷の技術的に特色で印刷せざるを得ない
  • 色数を減らして印刷費用を抑える
  • 特色はゴールドやシルバー、蛍光色などの表現が可能。発色がフルカラーよりも鮮やか

容器などに印刷する場合は1色か2色印刷がほとんどです。
印刷費用を抑える意味合いもありますが、版ズレの問題など技術的に難しいんですよね。

なんと言っても特色の一番のメリットは色の鮮やかさです。
とにかくCMYKで作成したカラーよりも鮮やか!
また、CMYKでは表現できないカラーも印刷できます。

グリコなどの大手のお菓子のパッケージデザインは、CMYKにプラスして特色を使っているパッケージが多いです。
どのパッケージも色があざやかで、デザインに力を入れています。
ゴールドの箔押しや、表面加工も凝っているものも多い!
実際、商品の中身と言うよりも箱代にかなりお金をかけていると思います。

特色を使う際の注意点

印刷の色味の共有が大事

DICカラーのような特色と、一般的なCMYKのフルカラーは色を完全に一致させることはほぼ不可能です。印刷する際のインクがそもそも違うので。

僕がサラリーマン時代にやっていた方法は、一般的なCMYKのフルカラーであれば、会社でプリントアウトしたデザイン(色味)を色の見本として印刷会社に渡していました。クライアントにも色見本として渡します。その色見本に合わせて印刷会社に印刷してもらうようにしていました。
印刷するプリンターによっても色味は変わってきますので、どの色を基準にするのか?と言うことが重要になります。明確な色見本の設定が必要になるんですよね。

特色を使う場合は、DICやパントーンのカラーチップを印刷会社とクライアントに渡します。
プリントアウトした色味ではなくて、あくまでカラーチップが色見本になります。

共通認識である色見本を設定することで、色に関するトラブルをなるべく無くすことが重要です。

まとめ

僕はランサーズなどのクラウドソーシングを使って仕事をしているんですが、カラーチップを使ったがことがいまだ一度もありません。特色(カラーチップ)を使う場合は、クライアントと印刷会社で色について話し合っていただくようにしています。オンライン上だけのやり取りなので、おそらくそれが一番色についてのトラブルが少ないと思います。そういった理由から今までなんだかんだで、使ったことが一度もないんですよね。

そもそも、パッケージデザインはオンライン上だけで完結するのはかなり難しいですね。
結局最終的なアウトプットはアナログな紙の印刷物なので、パソコン上でデジタルの画像だけで表現するにも限界があります。表面加工や紙質などの提案もちょっとやりづらかったりしますし。

Amazon.co.jp: DIC カラーガイドPART1 1巻・2巻・3巻 第20版 : ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: DIC カラーガイドPART1 1巻・2巻・3巻 第20版 : ホーム&キッチン

ちなみに、DICのカラーチップは上記の商品をamazonで購入しました。15,000円くらいします。このセットは淡い色が少ないので、色数としても少し心もとないです。
他にも「日本の伝統色」のカラーチップや、パントーンカラーなどのカラーチップも欲しいところです。
しかし、全部購入するとなると結構お金がかかりますし、そこまで活躍する場面もないので、オンライン上の仕事ではなく、対面で仕事を請け負うようなことが多くなりそうでしたら、全部購入したいなと思っています。

コメント