最近のフリーランスでの仕事について

最近のフリーランスでの仕事についてフリーランス
この記事は約4分で読めます。

フリーランスを始めて9月で6年になります。
消去法で始めたフリーランスですが、ギリギリなんとか持ち堪えつつやっている感じです。

今回は最近の仕事について書いてみようと思います。

最近のフリーランスでの仕事について

一人が好きでも割と限度がある

一人で仕事することの限界

僕は一人でいることに慣れているというか一人が好きな人間です。
この6年近くクラウドソーシングを介して一人で完結できる仕事をしてきました。
ですが、最近は「限界と飽き」が出てきました。

作家や芸術家のように一人で仕事ができることに憧れみたいなものがありましたが、やはり誰かと一緒に仕事を共有してやっていかないと、新しい発見も少なく、何かこう前に進んでいる感じがしません。
考える脳は一つしかなく、行き着く答えも想定通りというか、とにかく面白味がなくなってきたという感じでしょうか。

特にここ2年くらいは、メインでやっているクラウドソーシングの限界を感じてきたということも大きいと思います。単純に自分の力量不足でもありますが、月間に20万円稼ぐのも難しくなってきました。
昨年からYouTubeやブログを始めたのは、少しでもクラウドソーシング以外で収益化をしようと思ったからです。

もしかすると誰もがフリーである程度長くやっていると、収入だったり一人でやることの限界を感じてくる場面が出てくるのかもしれません。
これからどうやっていこうか悩み中だったりします。

※イラストはイラストACの素材「なのなのな」さんのイラストを使わせて頂きました。

ブログとYouTubeについて

せっかくなのでブログとYouTubeについても書いてみようと思います。
現段階の結論としては「生半可な取り組み方では全然稼げない」ということでしょうか。

僕はクラウドソーシングでのクライアントワークをしながら片手間でやっていましたが、少なくともすぐに結果を出せるほど甘くはなさそうです。
※もちろんすぐに稼げる方もいると思います。

ブログもYouTubeも稼ぐのは大変

ブログに関して

ブログに関しては昨年の12月から毎日1記事の投稿をして200記事まで投稿しました。
割と時間をかけてやっていましたが、ブログ収益化の一つGoogleアドセンスの審査に落ちまくって、結局20記事くらいまで減らしてなんとか合格。
とりあえず今は収益化できる状態にはなりました。

1記事だけよく見てもらえる記事があって、その記事のおかげで思っていた以上に収益化できそうです。ありがたいです。200記事書いたラッキーパンチが一つ当たった感じでしょうか。無駄ではなかった( ;  ; )。

とはいえ、Googleの検索結果はGoogleのアップデートで今後大きく検索結果が変わる可能性も高いので、今のうちのボーナスタイムと考えています。
これからもコンスタントに記事を投稿して地道にやっていこうと思います。

YouTubeに関して

YouTubeはあまり投稿していないこともあって、正直語るべきことがほぼないです。
ブログと同じく、投稿したところで「最初はほとんど誰も見ない」というのは共通しているかもしれません。

アクセス流入が特殊で、Googleの検索やTwitterなどのSNSからYouTube動画を見る人は少なめです。YouTubeの動画内の流入で完結している感じです。例えば似たような内容の動画が勝手にサムネイルに並びますが、そこから動画を見てもらうと言うパターンは多そうです。

ブログと同じですが、かなり「好き(苦痛を感じない)」でないと継続した収益化は難しそうです。単発では投稿できても、ずっと続けていくことの難しさを痛感しています。

Youtubeは収益化できていませんが、再生数や再生時間が少ないので仮に収益化して広告をつけても今のままではほとんど稼げないと思います。


僕自身はブログの方がやりやすいので、基本はブログメインでやっています。
どちらもまとまった収益になるまでは多くの場合は時間がかかると思いますが、やってみたい方はやってみてもいいと思います。
YouTubeの方がまだ結果が出やすいとは思いますが、人それぞれの好みの問題もあると思います。動画の編集も結構大変なので。
とりあえずどちらも「かなり根気が必要」なことは間違い無いです。

冒頭に書いた「消去法でフリーを始めた」理由

消去法のフリーランス

グラフィックデザインの仕事って結構給料が安いんですよね。
東京などの都会を除けば20代~30代でも一ヶ月に30万円(総支給)もらえる会社はかなり少ないです。年収にすれば400万円あれば結構いいほうです。特に地方ならかなりいい。※あくまで僕の体感ですが、そんなに間違ってないと思います。
尚且つ僕が住んでいる愛媛県新居浜市でデザイナー職はほとんどありません。印刷会社が1~2社あるくらいで、デザイナーを抱えている広告代理店も皆無。

そもそもサラリーマンでも給料が安く、地方でデザインができる会社自体も少ない。
であれば、収入は低くてもいいから自分のペースでフリーでやってみるかという、どちらかというと消極的な選択から始まりました。

ただ、こう考えたきっかけはクラウドソーシングの存在があったからです。クラウドソーシングがなければそんな考えには至りませんでした。クラウドソーシング様様です。

まとめ

これからどうしようかと悩んでいる最中です。
もう少しクラウドソーシングメインで仕事を頑張りつつ、他にもう少し稼ぐことができる仕事があれば良いのですが…。アルバイトしようかな…。

何は無くとも、楽しく仕事をすることが大事な気がします

コメント