【クラウドソーシング】デザインの仕事用に印刷サンプルを取り寄せる

【クラウドソーシング】デザインの仕事用に印刷サンプルを取り寄せる取り組み方
この記事は約5分で読めます。

クラウドソーシングを通して仕事をしていると、印刷はWebで注文するという依頼者がほとんどです。ここ10年くらいはデザインも印刷もオンラインで注文することが多くなって来ました。
ですが、最終的に納品される印刷物はデジタルではなくアナログの紙です。紙や加工、印刷についての知識があると、依頼者に良い提案ができると思います。

今回はWeb上で注文できるプリントパックのサンプルを元に、印刷サンプルの重要さについて書いていきます。これからグラフィックデザインをしていこうと考えている方は、知っておいて損はないと思います。無料で印刷サンプルを取り寄せられます。

【クラウドソーシング】デザインの仕事用に印刷サンプルを取り寄せる

プリントパックについて

印刷のことなら【印刷通販プリントパック】|激安・格安・ユーザー数No.1
ネットでの印刷なら業界最大手の印刷通販プリントパック。CMでもおなじみ、日本一安い!格安!激安!に自信。おかげさまで印刷ユーザー数はダントツNo.1!ネットで簡単、激安・格安価格で印刷発注。全国の自社工場から印刷出荷、送料無料、注文前の自動データチェック&返品保証!

プリントパックは印刷費用が比較的安価で、デザインファイルの入稿方法もわかりやすいです。
また、発送まで丁寧にメッセージで知らせてくれるので安心です。
僕が取引させて頂いているお客様もプリントパックで注文する方が割合として多いです。

プリントパックは比較的に安く印刷できますが、印刷の精度が少しだけ良くないとお客様から聞いたことがあります。例えば1枚目と100枚目の印刷に少し印刷のムラがあったりするそうです。
とは言え、Web注文の印刷会社(同じ価格帯の)はほぼ似たような印刷品質だったりしますので、印刷料金を考えると誤差の範囲だと思います。
気にされるお客様もいらっしゃいますが、ほぼ納得できる範囲だと思います。

印刷サンプルを無料で届けてくれます

実際に印刷された印刷見本と紙見本を無料で届けてくれます。サイトの最初のページ上部メニューから資料請求できます。プリントパック以外の印刷会社でもサンプルを無料で提供してくれますので、気になった方はどんどん注文してみてください。

プリントパックの印刷見本があればより良い提案ができる-2

上の写真が実際に届いたサンプルです。
ポストカード、紙のフォルダー、チラシ、封筒の印刷・紙見本が入っていました。
これだけサンプルが入っているとなんだか印刷を注文したくなります。

紙の種類、紙の厚さを知ることができる

一番のメリットは、紙の種類や紙の厚さを知ることができる点です。
実際に触って手触りを確かめることもできますし、いろんな表面加工や紙質があって何より楽しいです。
もちろん、実際にサンプルのデザインが印刷されていますので印刷のクオリティも確かめることができます。
(紙の種類に関しては印刷会社によって取り扱う紙が異なります)

依頼者
依頼者

チラシ作りたいです。紙厚は53kg、コート紙で!

gaogao
gaogao

53kgって何!?コート紙って何!?

時々、依頼者から紙の種類や紙の厚さを教えてくれることもあります。
(クラウドソーシングではそこまで多くはない光景ですが)
ですが、デザイナーがそのことをよくわかっていないと、依頼側としても不安が募ってしまいます。紙についてや印刷の知識はなるべく持ち合わせたいところです。

紙質や印刷、表面加工について質問されることもありますが、紙のサンプルがあれば心強いです。依頼者が紙の厚さや種類で困っている時もアドバイスできます。
例えばですが、紙は薄くすると印刷費用が安くなりますが、折れやすかったり印刷が裏写りするデメリットがあります。裏写りするほどの紙の厚さなので保管にも向きません。薄めの紙は保管されることが少ないのでチラシで使うことが多いです。
逆に厚めの紙は印刷費用が高くなりますが、折れにくく保管しやすいのでパンフレットなどに向いています。
また、写真が多いデザインの場合はコート紙などの表面の反射率の高いテカテカした紙がおすすめです。特に写真部分の印刷の仕上がりが綺麗です。上質紙のようなちょっと表面がざらざらした紙は、手書きのイラストだったり筆文字が使われたデザインなどには味わいが深まって相性が良いです。

ちょっとしたことですが、こういった知識を持っていると依頼側の信頼感も違ってきます。
この人なら安心だから次も任せてみよう!とリピートしてもらえる確率もグッと上がります。
ですので、これからグラフィックデザインをしようと考えている方は、納品される印刷の紙の種類、厚さなどを知っていることは非常に大事です。印刷会社から資料請求しちゃいましょう!

プリントパック以外にも

その他の印刷会社もご紹介します。

上記のような会社があります。Googleで検索すると他にもたくさんあります。
高品質な印刷なら「グラフィック」がおすすめです。
「ラクスル」と「東京カラー印刷」は「プリントパック」のように比較的印刷コストを抑えて注文ができます。
いずれもサンプルを請求できますので、気になったら全部請求しちゃっていいと思います。
「グラフィック」は特にサンプルの量に感動すると思います。

お客様がよく発注している会社は「プリントパック」「ラクスル」が圧倒的に多いですね。時々「グラフィック」で印刷されるお客様もいらっしゃいます。
ですので、できれば上記の3社くらいの印刷サンプルは請求しておいて損はないと思います。
印刷会社によって取り扱う紙や印刷の品質、表面加工は多少違います。別の会社のサンプルを参考にすると、間違った情報をクライアントに伝えてしまう可能性もありますので、その点は注意が必要です。

まとめ

僕自身が一番使っているのがプリントパックですので、今回はプリントパックの資料を参考に記事を書いてみました。

クラウドソーシングのようにWeb上で仕事が完結してしまうと、今回のような話はそこまで必要ないと思えるかもしれません。(データを納品したら仕事が終わる為)
ですが、こう言うデジタルな時代にこそ、最終的なアナログの納品物の仕上がりを想定したデザインの提案ができると、デザイナーとしての価値も高まるはずです。

いつもはネット上で仕事が完成することがほとんどですが、時々実物の納品物を送ってくれるお客様もいらっしゃいます。ありがたいですし、やはりアナログの紙の質感には感動させられます。

コメント