【ランサーズ】認定ランサーになる為に重要な点を考察してみました

認定ランサーについて初心者向け
この記事は約5分で読めます。

今回はランサーズの認定ランサーについて、自分の経験を含めて書いてみたいと思います。
僕の経験からですが、契約を数件取れればそこまで難しくなく認定ランサーになれました。
詳しく審査基準を元に説明していきたいと思います。

【ランサーズ】認定ランサーになる為に重要な点を考察してみました

認定ランサーの基準

 1. 獲得報酬額:各カテゴリの上位20%
 2. クライアントからの評価:4.8以上
 3. プロジェクト完了率:90%以上
 4. タスク承認率 :90%以上
 5. 24時間以内のメッセージ返信率:80%以上
 6. ランサーズへのログイン:最終ログインが1ヶ月以内
 7. 各種認証やプロフィールの登録:後述の項目が認証済み・登録済み

上記のような審査基準があるようです。
簡単にクリアできる部分から説明していきます。

「タスク承認率」はタスク業務をしていない人は関係ないようです。
僕自身は全くタスク形式の仕事をしておりませんが、認定ランサーを維持できています。

「ランサーズへのログイン」と「各種認証の登録」は、毎日ランサーズを利用している方にとってはかなりハードルは低いと思います。各種認証はそんなに難しいことでもありません。「ランサーズのよくある質問」と言うページに詳しく書かれています。

本人確認申請って何ですか? | ヘルプ | クラウドソーシング「ランサーズ」
本人確認申請とは、クライアント・ランサー双方の信頼性の向上とトラブル防止を目的に、ご提出いただく公的証明書類をもとにランサーズ事務局が本人確認を行う手続きです。 本人確認を行うと、プロフィールに「本人確認済み」の認定マークが表示されます。 ご申請から通常3~5営業日以内に、提出いただいた本人確認資料...

ハードルが高そうな「獲得報酬額」

「獲得報酬額」は各カテゴリの上位20%となっています。
これは一見かなりハードルが高そうですが、ランサーズに登録しているだけの方や、少しだけやって辞めた方など結構な数がいらっしゃいます。その中の20%と言うと実はそこまで難しくないです。タスク形式メインの方も含めて、毎月一定額以上を稼いでいる人は少ないように思います。
僕自身1ヶ月の売り上げが1万円以下の時が何回かありましたが、降格したことがありません。
ランサー側で把握できない部分なので確実なことは言えませんが、おそらく想像よりもハードルは低そうです。
なお、コンペ形式もしくはプロジェクト形式の売り上げどちらでもカウントされます。

※僕が認定ランサーになったのは2014年と古いです(それからずっと継続中)ので、今と少し条件も変わっていることもあると思います。
ランサーズのサイトでは過去一年の実績を元に毎月審査と書いているので、認定ランサーの条件を満たしていも、認定されるまでに少し時間がかかるかもしれません。僕が知っているランサーの方は認定ランサーになるまでに半年ぐらいかかって認定されていましたので、1年経過しないとなれないのか?というとそうでも無さそうです。3〜4ヶ月は待ってみた方が良いと思います。
コンペメインで活動されている方は、認定ランサーであることの優位性は体感的にそこまで高く無いので気長に待っても良いと思います。(コンペではランサーの情報を見ずに、作品だけを見て判断する依頼者が結構多いです)
プロジェクト形式メインの方は認定ランサーの方が、やはり信頼感はアップすると思います。

ちょっとめんどくさい「24時間以内のメッセージ返信」

コンペにもプロジェクトにも応募していないにも関わらず、見知らぬクライアントさんから直接メッセージをいただくことがあります。なんとなく怪しいメッセージの場合はそのまま返事を返さずスルーしています。この場合は返信率に影響がありません。5回以上のメッセージのやり取りを交わした場合に、それ以降のメッセージのやり取りは24時間以内に返信しないといけないルールのようです。
これは少しめんどくさい部分もありますが、ここ最近少し改善されたようです。
メッセージを送付する際に「返信不要」と言うチェック欄があり、そこにチェックを入れてメッセージを送るとそのメッセージは「24時間以内のメッセージ返信率」にはカウントされません。
次の返信まで時間がかかりそうでも返信が必要な場合は、返信率の話を添えてメッセージを送り返したりしています。(これがちょっとめんどくさいです)

プロジェクト完了率

プロジェクト完了率は一時期悩むことがありました。
仕事を引き受けたはいいものの、よくよく話を聞いていると自分ではできない仕事でキャンセルすることが何度かありました。また、リピートのクライアントさんの手違いでキャンセルすることもあって、その場合もこの「プロジェクト完了率」に響いてきます。
数年前にランサーズに問い合わせた時は、クライアントの手違いのキャンセルでも対応してもらえなかったのですが、現在は対応してもらえるかもしれません。
クライアント都合のキャンセルで、完了率が下がるのはやはり理不尽ですので、今はランサーズ運営も対応してくれそうな気はします。同じ経験がある方は一度ランサーズ運営に問い合わせてみてください。

特に注意が必要なのは、仕事の受注をしてからのカウントになるので、エスクロー(仮入金)されていない状態のプロジェクトのキャンセルもカウントされ、「プロジェクト完了率」が下がってしまいます。
そういう経緯もあって、僕は仕事を受注する際は細かく仕事内容について質問して、慎重に受注するようにしています。

クライアントの評価4.8以上

おそらくこれが一番難しい部分だと思います。
特に始めたばかりの頃は、一度4点を採点されると4.8まで戻すのはなかなか大変です。

ランサーもいろいろな方がいると思いますので、なんとも言えない部分ではありますが、

  • 丁寧な言葉遣い
  • 納期を必ず守る
  • 返信は早めにする

このあたりを意識して丁寧な対応を心がければ、まず悪い採点はされないと思います。
納品した成果物のクオリティが低いと評価された場合は、レベルを上げていくしかないと思います。

難易度としては

1番目の「獲得報酬額」と2番目の「クライアントからの評価4.8以上」この2点が少し難しい部分だと思います。
その他の審査基準はそこまで難しくないので、この2点をなんとか頑張れれば審査は通るはずです。

まとめ

僕自身は5年前からランサーズを始めました。
コンペをメインに活動していて、契約件数が10件も行かないうちに認定ランサーになれました。3〜4ヶ月でなれた記憶があります。
想像していたよりは簡単に認定されるというイメージです。
現在は認定ランサーはかなりの数いらっしゃいますので、そこまで差別化されていない気もしますが、なっていて損はないのも事実ですね。

僕が特に重視しているのは、丁寧な言葉遣いや、早めのメッセージの返信、納期は必ず守る、と言う割と当たり前のことです。
コンペ形式でもプロジェクト形式でも上記の点を意識して仕事をしていると、再度依頼をいただくことも多いです。契約件数が多くなれば認定ランサーになるのもそう難しくないと思います。

コメント