【ランサーズ】スキルパッケージでのスキルの販売について

【ランサーズ】スキルパッケージでのスキルの販売についてクラウドソーシング
この記事は約4分で読めます。

クラウドソーシングサイトのランサーズでは、コンペやプロジェクト、タスクなど様々な形式で仕事の受注ができます。今回は通常の仕事の受注スタイルと少し違う「スキルパッケージ」について書きたいと思います。

僕はスキルパッケージで2つのサービスを販売しています。
そこまで多くはないですが過去に何度かサービスが売れました。
スキルパッケージのページから依頼をするクライアントも一定数いらっしゃいますので、コンペやプロジェクトなどで仕事をしている方は、スキルパッケージでの販売を考えてみるのも有りだと思います。

個人的な経験としては、思いも寄らないタイミングに売れることが多いので、なかなかありがたいサービスだと思っています。

【ランサーズ】スキルパッケージでのスキルの販売について

スキルパッケージなら要件定義は一切不要、商品化されたプロのスキルや経験を選ぶだけ | ランサーズ
登録中の商品は96,000件以上。ランサーズのスキルパッケージは様々なプロフェッショナルのスキルや経験が揃ってます。

出品方法

サービスの出品はランサーズのマイページ右上のオレンジのアイコン「サービスを出品」でできます。

ランサーズのスキルパッケージ出品方法

商品の出品マニュアルもあります。わかりやすく書かれていますので一通り目を通しておくことをおすすめします。
このマニュアルを見れば登録・販売方法はほぼわかると思いますので、このブログでは割愛させていただきます。

納品形式:出品ガイド | ランサーズ
登録中の商品は96,000件以上。ランサーズのスキルパッケージは様々なプロフェッショナルのスキルや経験が揃ってます。

購入されたあとは、基本的にプロジェクト形式と仕事の流れは同じです。
トラブルを避けるためにも、仮払いが完了してからの仕事の開始が鉄則です。

手数料

出品自体には全くお金はかかりません。
実際に商品が売れると、コンペやプロジェクト形式と同じくランサーズのシステム手数料20%がかかるようです。手数料が一律20%なので、コンペやプロジェクト形式とはこの部分が少し違うようです。

購入側としては販売価格(ランサーズのシステム手数料込み)に消費税がプラスされた料金が支払い価格となります。

出品しているサービス

僕は2つのサービスを販売しています。
パッケージデザインと

ランサーズのスキルパッケージ。パッケージ

名刺デザインの2つです。

ランサーズのスキルパッケージ。名刺
ランサーズのスキルパッケージ。名刺

販売する際のサムネイル(販売するサービスのジャケット写真)は1枚だけしか登録できませんので、パッとみてどんなサービスかわかりやすいサムネイルが良いと思います。

すでに競合が多数

スキルパッケージのページで検索していただくとわかりますが、すでにかなりの方がサービスを販売しています。

スキルパッケージなら要件定義は一切不要、商品化されたプロのスキルや経験を選ぶだけ | ランサーズ
登録中の商品は96,000件以上。ランサーズのスキルパッケージは様々なプロフェッショナルのスキルや経験が揃ってます。
ランサーズのスキルパッケージ。検索

「名刺」と検索するとかなりの数が出品されています。

ランサーズのスキルパッケージ。検索

価格を指定すると少し絞ることができますが、それでも名刺ジャンルは出品数が多すぎます(^◇^;)。

ランサーズのスキルパッケージ。検索

「ラベル」や「パッケージ」で検索すると出品サービスは一気に少なくなりました。
70件くらいです。

売れるかどうかは戦略が必要かも?

すでにこれだけ販売数が多いと、売れるにはちょっとした戦略みたいなものが必要になってくると思います。

  • 値段を安くして差別化する
  • クオリティ重視で高く販売して差別化する
  • 他にはないサービスで販売する

など、やり方は色々あると思います。

僕は名刺サービスが今までに5回ほど売れました。パッケージは1回だけです。
名刺サービスは3,000円で販売しています。
フォーマットを50種類ほど用意していて、その中からお客様に選んでいただくという方法を取りました。なるべく安く販売できる方法としてこう言ったサービスにしてみました。
他の名刺サービスではフォーマットを作って販売している方はほとんど見かけません。
とは言え、それでもたった5回の販売実績です…。

パッケージのサービスが1度売れたのは、名刺を購入いただいた方のご依頼でした。
ですので、検索して売れた訳ではないので実質0みたいなものです。
パッケージは割と一般的な料金で設定しているので、いまいち売りがないサービスになっている可能性が高いです。

「ビデオ相談形式」で販売するのもあり

名刺などのデザインを販売する方法(納品形式)もありますが、「ビデオ相談形式」という販売方法もあります。利用方法もほとんど納品形式と同じようです。

1分100円と言った形で、ランサーズのビデオ通話のシステムを使って相談を販売することができます。テレビ電話のように対面が苦手な方は、音声だけの設定もできるようです。

まとめ

すでにサービスの販売数が多いので、これから新規参入してもなかなか売れるかどうか難しいかもしれません。とは言え、僕のようにごくたまにご購入いただけることもありますので、販売しておいて損はないと思います。なんと言っても無料で販売できますし、特殊なスキルを持っている方は売れる可能性も高いです。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

コメント