【ランサーズ】評価について

ランサーズ 評価について初心者向け
この記事は約5分で読めます。

今回はランサーズの評価について書きます。
評価といってもランサーズのサイト自体の評判ではなくて、仕事が完了した後にクライアントやランサーがお互いにする評価についてです。

仕事が終わってクライアントから悪い評価をいただくこともあると思います。
今回はランサーズの評価について僕なりの考えを書いてみたいと思います。
クラウドワークスでも同じようなことが考えられますので、ご参考になれば幸いです。

【ランサーズ】評価について

ランサーA
ランサーA

評価3点つけられたー( ;∀;)
ちゃんと対応していたのに!

ランサーB
ランサーB

ひどい評価つけられたから報復してやる!!

ランサーズの相談室などでも割とよく見る光景です。
(ランサーズの評価では最高が5点となってます)

僕自身も始めて間もない頃に4点の評価をもらったことがあります。
認定ランサーの基準は4.8点以上なので、始めたばかりに4点をもらうと4.8点まで上げるのは結構大変です。

認定ランサーって何?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。
簡単に言うと自分のプロフィール欄に「認定ランサー」と言うバッジが付きます。
それによってクライアント側も安心して発注ができると言うシステムです。
ただ、認定ランサーでなくても契約を獲得しまくっているランサーさんも多数いますので、個人的にはそこまで重要ではないのでは?とも思っていますが、あって損はないのも事実です。

評価の採点方式

評価の仕方自体はクライアントによって変わってくるかと思いますが、経験的に「減点方式」をされる方が多いように感じます。
僕が取引したクライアントさんは5点満点で悪い部分があれば減点していくという評価をされる方が多かったです。

  • きちんと期日を守る
  • 連絡はこまめにとる
  • 納品した制作物にある程度満足してもらっている
  • 言葉づかいや、やり取りを丁寧にする

経験的には上記のような対応を心がければ、4以下の評価をされることはほぼないです。
なお、評価は「ふつう」が3となっているので、そこから加点したり減点したりするクライアントもいるようです。

採点の考え方はクライアント次第になってしまいますが、ランサー側としては通常が5点と考えているので(僕だけじゃないはず!)、減点されるとなんでだー!ってなりますよね…。
何しろ認定ランサーの基準が4.8点以上なので、5点を普通に考えていないと認定ランサーを維持するのは難しいです。
上記にも書きましたが、今ではそこまで認定ランサーが有利とも思ってはいない部分もありますが、なっていて損はないですから。

悪い採点をつけられたら

不当な採点をつけられることもよくあると思います。
僕の場合はリピートのクライアントさんが多いので、リピートの場合は採点について悩むことはありませんが、新規のお客様の場合は結構不安になったりします。

かと言って、点数を5点にしてくださいと言うのもなんだか言いにくい(^◇^;)。
実際、言ってもいいとは思いますが、クライアントさんに採点の権利がありますのでランサー側がとやかく言うのも何か違う感じがします。

再評価してもらう

ランサーズの評価は一度採点すると、覆すことができない仕様になっています。
ただ、場合によっては再度採点をやり直してもらうことも可能です。

クライアントにメッセージを送って評価について再度検討してもらいます。
そして、承諾をいただければランサーズ運営に再度採点できるようにメッセージを送ります。
僕自身はやったことはないですが、ランサーズのよくある質問でも回答されていますので問題なく対応してもらえるはずです。
ただ、ちょっと面倒ですね。

報復はしない方が良い

こちらの不手際で採点が低くなるのは仕方ないのですが、きちんと対応しても低い点数をもらうことがあります。
その場合は、冷静になってなるべく正当な評価をクライアントに返した方が良いと思います。

今まで表記していた評価はいわゆる総合的な評価(細かい評価の平均)ですが、実際にはやり取りがスムーズだったか、クオリティはどうだったか、期日は守れたかなど細かい5段階評価ができます。
その部分できちんと正当な評価を返すようにしています。結果的に総合評価が5点以下になることもありますが、意図的にオール1点にするのはやめた方が良いです。
(もちろん悪質なクライアントの場合は別だと思います)

クライアントが依頼をかける際は、割とランサーの評価を見ています。
ランサーの実績に低評価があった場合、その低評価したクライアントのお返しの評価も見ていたりします。そこで報復しているような評価が見つかれば、おそらく依頼するのをためらうでしょう。
中には悪意のあるクライアントもいますので難しいところですが、なるべく冷静に真っ当な評価を返すのが、自分自身の評価を下げない方法でもあると思います。

まとめ

ランサーズの評価で困るのは、依頼側はアカウントを変更してもリスクがないのに対して、ランサー側はアカウント変更にリスクが伴う点です。
アカウントを変更すれば実績が0になってしまいますので、ランサー側としては信用を再度積み重ねて行かないといけません。

それに対して、ランサー側は依頼側の評価はそこまで重要視しなかったりします。
例えば、依頼者が契約実績0であっても全く構わなかったりします。もちろん、過去の契約実績があれば評価など参考にして判断できますが、実績が0の場合は判断のしようがないんですよね。
逆にランサーが契約実績0だと信用度はかなり違ってきます。
この部分はフェアではないなあと感じます。

クライアントも認定判定が!

ランサーズは2019年12月13日にクライアントにも認定判定がつくようなシステムを開始しました。
認定ランサーと同じような感覚で判定が付きます。
さすがランサーズ!
これでランサー側も多少は良いクライアントか悪いクライアントかの判別をしやすくなりそうです。

長くなりましたが、以上となります。
ランサーズを始めたての方が不当な評価をもらった時に、これを見て何かしらの参考にしていただければ嬉しい限りです。

コメント