【クラウドソーシング】美味しい依頼もある

【クラウドソーシング】美味しい依頼もあるクラウドソーシング
この記事は約3分で読めます。

日頃はクラウドソーシングを活用して仕事をしています。
よく使っているクラウドソーシングサイトは

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

の3つです。
メインはランサーズですが、ここ2年くらいはココナラでも仕事をする機会が増えてきました。

クラウドソーシングの仕事をしていると本当にいろいろな依頼があります。
その中でも今年に入ってから妙な依頼というか、ちょっと普通では考えにくいバブリーな依頼を3件いただくことがありました。3件とも日本の会社ではありませんでしたが、こういう依頼もあるんだなあ~と結構驚きました。

あまり信じてもらえないかもしれませんが、今回は美味しい依頼について書いてみたいと思います。

【クラウドソーシング】美味しい依頼もある

美味しい依頼というのは、デザインを作って提案するだけで報酬をいただけて、採用されれば更に報酬をいただけるというものです。僕以外にも複数のデザイナーに依頼してその中から採用を決めるので、一応コンペと言う形になると思います。※依頼自体はプロジェクト形式での依頼

上記のような依頼がランサーズで1件、ココナラで2件ありました。3件ともパッケージデザインの依頼でした。
デザインを提案するだけで報酬がもらえるというのは、クラウドソーシングをしているとまずあり得ない話です。それも5万くらいの割と高額な報酬です。採用されれば提案段階の報酬と同じ価格くらいの報酬がいただけると言う話でした。すごい。

通常のコンペについて

ランサーズやクラウドワークスではコンペという依頼方式があります。
応募側はデザインを提案して採用されれば報酬を得ることができます。ですが、採用されなければ無報酬なのでつらいところです。全くの無駄ではないと思いますが…。

通常のコンペの依頼を考えると、提案するだけで報酬がもらえるというのはかなり美味しい依頼ということになります。
依頼された方はなぜランサーズなどのコンペ形式で依頼しなかったのかが謎です。
何名に依頼したのかはわかりませんが、提案者全員に高額な報酬を配るよりは、コンペ形式で採用者だけに報酬を支払う方がコストはかなり抑えられるので…。

メッセージでの相談から依頼へ

3件の依頼はメッセージで相談・依頼をいただきました。

メッセージでの依頼は時々いただくことがあります。ですが、ほとんどの場合は仮払いのことや、ランサーズなどのクラウドソーシングサイトを介さない直接の契約はできないことを伝えると音沙汰がなくなります。

簡単に言うと、いきなりメッセージで相談や依頼をいただく場合は怪しい依頼の場合が多いです。

とは言え、仮払いさえされれば支払いに関するトラブルはほぼクリアできます。
今回の3件の依頼はきちんとプロジェクト形式で先に仮払いをされていたので、安心して仕事をすることができました。

まとめ

結局、3つの依頼ともデザインの採用までには至りませんでしたが(さすが僕)、提案段階での報酬はきちんと支払いしてもらえました。提案するだけで報酬を頂けるという非常にありがたい経験でした。

どうして普通にコンペ形式で依頼しなかったのか非常に疑問が残ります。
3社のうちの1社は日本では誰もが知っている有名な企業の海外支社でした。
提案の段階で報酬があればデザインのクオリティが違うという考えだったかもしれません。

実は僕が知らないだけでこう言う依頼は割とあるのかも!?
もしこう言った依頼の相談があった場合は、ぜひ乗ってみてください。※仮払い必須ですが

コメント