クラウドソーシングは初心者でも稼げる?

クラウドソーシングは初心者でも稼げるのか?初心者向け
この記事は約6分で読めます。

今回は初心者(未経験者)でもクラウドソーシングで稼げるかどうかについて書いてみたいと思います。ランサーズやクラウドワークスなど何種類かクラウドソーシングサイトはありますが、5年以上クラウドソーシングサイトを使ってデザインの仕事をしてみての実感を書きたいと思います。

クラウドソーシングだけで安定した収入を得るのは割と難易度が高いですが、副業で少しだけ稼ぐと言うのであればかなりおすすめです。
本業があって(バイトでも全然良いと思います)プラスでクラウドソーシングで1ヶ月に2〜3万円稼ぐくらいであればそこまでハードルは高くないと思います。

クラウドソーシングは初心者でも稼げる?

クラウドソーシングだけで生活費を稼ぐのは難易度が高い

ある分野のプロの方でも、クラウドソーシングの仕事で20〜30万円を稼ぐのはなかなか大変です。1ヶ月ならできても継続して稼ぐとなると更に難易度が高くなります。実際、僕自身がこの難しさを実感しています。

僕が始めた2013年頃のデザイン分野のコンペは、参加者にまだ割と素人っぽい方が多かったので、ブルーオーシャンでコンペでも今と比べて採用されやすい時期でした。
現在はクラウドソーシングも一般的に普及して、会社員をしていて結婚を期に会社を辞めた主婦の方などの参加も多く、プロ同士でしのぎを削りまくっている感じです。

クラウドソーシングだけで生活していけるのは、やはりそれぞれの分野のプロばかりという感じは強いですね。
ちなみに、ランサーズやクラウドワークスでは仕事の受注者のランキングを見ることができます。そして、それぞれの受注者の収益も実績・評価を見ればなんとなくどれくらい稼いでいるのかわかります。そう言うのを見ると、安定して一定の収益を得ている方はトップクラスの一部の人だけというのもわかってきます。

初心者の方はなかなか活躍しづらい場所ですが、本業にするのではなくて、ひとまずは副業でやってみるくらいの気持ちで始めるのが精神的にも楽だと思います。貧すれば鈍すると言う言葉もある通り、余裕があってこそ落ち着いてチャレンジできます。

タスクと言う仕事もあります

ランサーズやクラウドワークスではタスクという仕事もあります。タスクはアンケートに答えたり、ちょっとした文章を書いたり、商品のレビューを書いたりするものが多いようです。タスクはほとんどの方ができる仕事ですが、その分報酬はかなり少ないです。
タスクの場合は仕事が終わった後にクライアントからの評価も無いので、実績作りとしてはあまり効果的ではありません。

とはいえ、ちょっとしたお金になるのは確かですし、誰でも参加しやすくまさに初心者の方向けです。
依頼だけ確認してみて、まずはタスクからやってみるというのも良いと思います。

もし自分がデザイナー初心者なら

コンペやプロジェクト形式での仕事は、初心者の方はなかなか獲得が難しいと思います。
もし僕自身がデザイナー初心者だとしたら、こういうやり方が良いのでは?ということを書いてみます。

ひとまず当面の生活費が必要

始める前の話になりますが、やはり重要なことなので…

未経験で最初からクラウドソーシングで仕事を獲得したい!と言う場合は、おそらく半年はほぼ稼げないと思いますので、まずは半年分くらい生活できる貯金をしておいた方が良いと思います。
もしくはアルバイトをしながらでも良いと思います。僕自身も始めて半年はほとんど稼げませんでした。フリーになる前に200万円ほど貯金していたので、貯金を使いながら生活していました。なかなか仕事にならず、精神的には結構しんどかったですね。

それと、デザインを仕事にするにはパソコンとイラストレーターやフォトショップなどのアプリケーションが必要になってきます。ある程度、初期投資が必要なのでその部分も注意が必要です。

まずはコンペでとにかく作品を作る

まずはコンペに参加してみるのが良いと思います。依頼に答えるべくリアルに作品を作ることになりますので、その行動自体がかなり為になります。採用されなくてもどう言った提案が採用されるのか知ることができます。また、同時に作品集も作って行きます。おそらくコンペにはなかなか採用されないと思いますが、不採用の作品は応募した会社の情報などが特定できないように多少編集して、作品集としてストックしていきます。なるべくクオリティの高い物を作品集に追加して行きます。

コンペに不採用になったデザインは著作権は自分にありますが、ポートフォリオにする場合は、デザインの情報を架空の情報に編集した方が良いと思います。特定の応募作品とわからなければ大丈夫だと思います。

コンペからプロジェクト形式にスライドして実績を作る

ある程度作品集の中身が多くなってきたら、コンペではなくプロジェクト形式にも応募します。

最初はとにかく実績作りが重要だと思います。
プロジェクトは報酬が安い傾向はあるものの、コンペより契約が取りやすいのが利点です。

プロジェクト形式は見積もりと実績(作品集)を提示して、依頼主の合意があれば採用されて契約となります。コンペばかりですと疲れてきますので、最初は多少安くてもいいのでプロジェクト形式で仕事を獲得していくことをおすすめします。プロジェクト形式であれば、見積もりとポートオリオの提出だけなので、その点は非常に応募しやすいと思います。
プロジェクト形式で依頼をかけている方は、なるべく安く済ませたい方が多いです(僕の経験として)。ですので、最初は安くても実績作りと考えて仕事をしていくのも一つの手だと思います。

プロジェクト形式で採用された場合は、報酬を問わず全力で仕事に取り組みます。うまくいけばリピートで仕事を依頼してもらえます。この循環を繰り返せば、収入もある程度安定してきます。基本的にはポートフォリオがあれば、プロジェクトに応募もしやすいので、まずはコンペで作品作りという順番がスムーズだと思います。

最初は安くてもしっかりと評価をしてもらえるような仕事をすることで信頼度が上がっていきます。プロジェクト形式の応募の際にも実績数や評価は非常に重要な部分なので、やればやるほど採用の割合も上がってくるはずです。

まとめ

クラウドソーシングの仕事だけで生活するのは最初はかなり大変だと思います。
ちなみに僕は今でも大変です(^◇^;)。報酬面ではあまりお勧めできませんが、ある程度自分で時間の管理を好きなようにやっているので、精神的にはすごくいいです。
特に僕のようにフリーランスをしていて営業が苦手な方は、ネット上で全国の仕事が出来るのでその点はありがたいです。

本業でやるよりは、副業でのクラウドソーシングはかなりおすすめです。
タスクであれば数千円くらいは頑張れば稼げると思います。
また、デザインやコピーライティングなどさまざまな分野がありますが、月に2〜3万円くらい稼げればいいと言うことであれば初心者でも、そこまでハードルは高くないと思います。

プロの方であればガンガン稼いでいる方もいらっしゃいますが、結論としては、初心者の方はまずは副業としてやってみるのがいいのではと思います。

コメント